水彩画とは

顔料の粉末を紙に定着させるために水を用いること。すなわち、水で絵の具を溶いて紙に描く行為をいいます。絵具は、顔料、アラビアゴム(アカシアの樹液で、水溶性のゴム)、グリセリン(乾燥速度を遅らせる)、グルコース(流れやすくする)を細かく砕いて混ぜ合わせたものです。
水彩絵の大きな利点は、簡単な道具さえあれば事たりる。たとえば野外で描く場合は、絵の具、スケッチブック、鉛筆、パレット、筆、筆洗器、水、これだけあれば十分です。絵具は乾くのが早く、ガッシュ(不透明絵具)は容易に塗る重ねもできる。透明絵具は、乾き具合によっては水彩特有の「にじみ」、「ぼかし」、もいかすことができます。とにかく工夫次第でいろんな表現ができるのです。また旅先の思い出に気楽にスッケチ、少し色を施す、これだけでも、ちょつとコツさえ覚えれば簡単ですし、楽しいものです。

 

透明水彩

アラビアゴムを多く含んでいる。水で溶いて塗ると透明感のある色調になる。下に描いた線や色が透けて見える。「にじみ」や「ぼかし」など水を多く含む描き方をすることにえあより独特な表現ができ、淡く仕上がる。また、筆に水を含ませない技法で、カスレのある描き方もおもしろい。

また水彩絵の具には

「チューブタイプ」と「パンタイプ」の2種類があります。

チューブタイプは液状の絵の具をチューブにそのまま詰めたもの

パンタイプは液状の絵の具を乾燥させて固めたもの。

固形の透明水彩絵の具です。

ホールパンとハーフパンがあり、ホールの半分がハーフに

なります。       

 チューブタイプ(透明水彩)

 

 

 

 

 

 

 

 

     ターレンス透明水彩絵の具18色セット

 

 

            

 

 

 

   公式サイトhttp://www.talens.co.jp/product/water/rembrandt4.html

 

 

公式サイト http://www.holbein-works.co.jp/watercolor.html

 

 

 

 

ハーフパン(固形タイプ)

 

w&N PWC固形水彩絵の具(ハーフパン) 

 

 

 

 

 

 

 

レンブラント固形水彩絵の具(ハーフパン)

                                           

 

 

 

 

ヴァンゴッホ固形(ハーフパン)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公式サイトhttp://www.shimamoto.co.jp/category/43/

 

 

 

 

 

公式サイトhttp://www.gazaihanbai.jp/products/list/category_id/54.html

 

 

 

ラージパン(固形タイプ)

 

 

 

 

 

公式サイト https://www.holbein.co.jp/product/

公式サイト https://www.turner.co.jp/brand/

 

(不透明水彩) ガッシュ

顔料を多くした水彩絵の具で、アラビアゴムはすくなめ。下の線や色を覆い隠す為、塗り重ねが容易である。別名ガッシュと呼ばれる。重工で力強い表現ができ、発色が鮮明な色調となる。

 

 

 

                                                                                               ターレンス不透明水彩絵の具(12色セット)

 

 

水彩画の基本的な技法

基本的な4つの技法

1.ドライ・オン・ドライ

  乾いた紙に乾いた筆で描く方法

2.ウェット・オン・ドライ

  乾いた紙に水をふくませた筆で描く方法

3.ドライ・オン・ウェット

  濡れた紙に乾いた筆で描く方法

4.ウェット・オン・ウェット

  濡れた紙に水をふくませた筆で描く方法

  この技法の中で難しいのはドライ・オン・ウェットとウェット・オン・

  ウェットです。                   

 

ウェット・オン・ウェット

 紙と筆に十分に水をふくませます。力を入れすぎない様にソフトでやさしいタッチを心掛けながら、筆を紙の上にそっと押し付けたり、回したりして描きます。紙の上で絵の具が自然に混じりあうようにすればボカシの効果も期待でき、いろんな色と色との相乗効果で、思わぬ素晴らしい効果をもたらすことだってあります。大事なのは手早く行う事。そして手を加えすぎない事、ある程度、絵の具の効果の程は偶然に任せた方が綺麗な絵ができます。下手にいじり過ぎると、かえって絵がダメになりますから。

 

ドライ・オン・ウェット

 乾いた筆に絵の具を付け、その筆で水を引いた紙に塗ると、紙の水分が筆に吸収されて、ウェット・オン・ウェット程 絵の具が流れません。筆を綺麗に洗い 水気をティッシュなどでよく切り筆の片面だけに絵の具をつけて、濡れた紙にのせます。このときに、もう一度パレットから絵の具と一緒についてきた水分をスポンジなどで吸い取る様にします。この筆を洗った後と絵の具を付けた後の2回、水気を取る事を忘れない様にすることが大事です。

 

平塗(フラット・ウオシュ)

薄く溶かした絵具を、大きな筆で 紙の左上から真横に真っ直ぐに運んでいく。筆を戻し最初のストロークにわづかに重ねる様に、次のストロークを引く。これを繰り返します。基本となる技法で単色でしますからムラはできないとおもいます。

 

 

 

 

・実際に現場で描いているところです。

 

 

今回は現場で9割描いています。詳しい手順は

カテゴリーの技法を見てください。

 

 

スケッチへ大分県久住へ

 

5月5日、ドライブついでに久住へ行ってきました。

大分自動車道を大分・別府方面に玖珠ジャンクションで下車

387号を左へ国道210号線に合流、玖珠市街地を抜けて湯布院方向に九重町役場の近く、野上信号から右へ40号線へ

そこから道なりに沿って進んでいきます。途中から上り坂の 曲がりくねった急な坂道を登って進み九酔渓へ、ここは

春は新緑、秋は紅葉の名称でもあります。さらに先へ進むと有名な「九重夢大吊橋」へ着きます。今日は連休ということもあって、たくさんの人が来ていました。

 

 

右手に端正な姿をした涌蓋山が見えます。心地よい空気を感じながら飯田高原の中の一本道621号をただひた走り続けます。やがて、やまなみハイウェイとの合流地点に到着、正面には三股山ここは九重山登山口となっており「長者原ビジターセンター」「レストランやまなみ」など休憩所や食事するところがあり、たくさんの登山者やツーリングのライダーで賑っていました。

 

レストラン やまなみ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

涌蓋山